美肌ケアの方法サイトマップ

サイトマップ

プロフィール

キーワード

美容師の仕事をしている40歳の女性です。

仕事柄、美容や美肌になるための方法をお客様から聞かれる機会も多く、色んな基礎化粧品を試したりしています。

10年以上試行錯誤して、行き着いた私オススメの美肌基礎化粧品が、この 花王 エスト(est) でした^^

花王エスト

花王エストの乳液や化粧水の基礎化粧品が気に入り数年来使っています。肌の感覚が滑らかな手触りになるのが特徴で、以前に肌年齢を調べて貰ったところ・・・

なんと!
『実年齢よりも5歳も若い』とまで言われてしまいました♪
本当にエスト様様です(*^^*)

最近、美容院のお客さんから「ラブラボの美肌一族」というアニメのことを教えてもらいました。

美肌紗羅と祐天寺咲の双子が繰り広げる純愛コスメティックラブストーリーなんだとか。

贅沢シートマスクや白樺の湯という入浴剤、黒薔薇仮面マスカラなど個性的な商品も一緒に販売され、シートマスクは1日で売り切れになるほど人気なんだとか。

今は、こんな個性的な商品が売れているんですねぇ(^^;

美肌ケアの方法サイトマップ

基礎化粧品でスキンケア」の記事一覧

  • 美肌メイク
    美肌メイクは下地が肝心です。化粧水をたっぷりと顔全体に馴染ませた後は、ホワイトニングのクリームを顔全体に馴染ませてから、リフトサポートの液体成分を目じりや口元、額に付けてから、乳液を使用します。
  • 美肌基礎化粧品
    美肌ケアといえば化粧品です。管理人自身、美容師として化粧水や乳液などの基礎化粧品から口紅、アイシャドウなどメイクアップの商品を色々扱いましたが、最後に行き着いたのは、花王のestでした。
  • 美肌ケアについて
    美肌ケアの方法を長年学んできましたが、一番大事なのは「たっぷりの水分とある程度の油分」と「女性ホルモンのバランス」です。それぞれ個人差があるので、それを考慮した適切なケアのやり方を模索すべきです。
  • 美髪になるには
    美肌ケアや痩身も大事ですが、美髪も大事です。海草やひじきなどの髪に直接良い食材を取り入れたり、シャンプー剤やトリートメント剤を分の髪質に合わせてハリを作る髄質から強くしていく事が大事です。

美容整形」の記事一覧

  • 脱毛
    美肌ケアの方法として、脱毛があります。整形外科での脱毛はアレキサンドライトレーザーを使った医療レーザー脱毛で行います。広範囲の脱毛が可能で、しかも2ヶ月は生えてきません。
  • しわ
    美肌ケアの化粧品やボディローションなど美容の商品にヒアルロン酸を含むものが多くなっています。ヒアルロン酸は、シワの出来易い乾燥肌に保水力や保湿力を与えてくれます。
  • ほくろ・あざ・シミ
    ほくろ・あざ・シミで悩む人は多いです。美容整形でのこれらの除去は、レーザーや電気メスを使用します。痛みもほとんど無く、治りも早いのが特徴です。
  • 脂肪吸引
    ダイエットと言えば脂肪を燃焼させることですが、運動的な方法ではなく脂肪吸引の手術を希望する人も居ます。脂肪吸引法の最も一般的な手術法としては、チューメセント法が一般的です。
  • 豊胸
    豊満なバストにしたい女性が豊胸手術を行う世の中になっています。色々な方法がありますが、豊胸の整形手術に使用される人工の乳房は生理食塩水バッグが使われるのが一般的です。

  • 鼻の美容の整形手術について解説します。高くしたい、低くしたい、細くしたい、だんご鼻を直したい、鷲鼻を直したい・・・それぞれの場合の手術方法を解説します。

  • 美容整形で最も関心を持つのが目です。一重まぶたを二重まぶたにするプチ整形が流行っていますが、手術では埋没法という方法でメスを使わずにまぶたを留めています。
  • 美容整形とは
    美容整形は、プチ整形という言葉も流行っていて、気軽にできる時代になりましたが、見た目だけを綺麗にするだけでなく、今までのコンプレックスを持っていた悩みを解消できるすべになっています。

美容歯科」の記事一覧

  • ラミネートベニア
    ラミネートベニアは歯を白く見せたい人が歯の表面を削り、ネイルコーティングのような薄いセラミックを貼り付ける方法です。ホワイトニングよりもかなり高値なのが難点ですが、短期間で綺麗な歯並びになる事が可能です。
  • オールセラミック
    歯に銀の詰め物をしていると、キラッと光るので、見た目としても良くありません。そのため、銀歯は避けてオールセラミックする人も多いです。ただし、治療費や歯自体の費用が高いのが欠点です。
  • インプラント治療
    インプラント治療は、人口歯根に歯を埋め込む治療です。歯を抜けたままにすると、美容的(見た目)にも良くなく、内臓疾患の原因になるおそれもあるので、早めに治療しましょう。
  • ホワイトニング
    美容歯科での歯のホワイトニングは、ホームホワイトニングとオフィスホワイトニングの二つの方法があります。それぞれの方法について詳しく解説します。
  • 美容歯科とは
    歯並びや白さは、美容歯科で治療してもらうのがオススメです。美容歯科は、通常の歯医者とは異なり、美容と機能を両方に焦点をおいて医療機関です。

美肌と健康」の記事一覧

  • 内面からの美しさ
    内面からの美しさを保つ事は、美肌ケアをする上でも重要です。美肌になるには、内臓や血液全てにおいて機能が正常で、精神面が常に穏やかに保つことが大事です。
  • 見た目の美しさ
    見た目の美しさは、女性にとってとてもプラスになる事が多く、恋愛において男性からのアプローチも多くなりがちです。しかし、そういう女性の場合、プライドの高いわがままな面が表に出やすいので、注意しましょう。
  • 美容とは
    美容とは顔や体を綺麗に美しく整える事ですが、女性は顔立ちだけでは綺麗になれません。自分自身の美容に対する努力こそ、真の綺麗の元になるのです。

美肌になる食べ物」の記事一覧

  • ナイアシン
    ナイアシンは血行の改善に効果がある成分で、冷え性の症状を持つ方は進んで摂取すべきです。また、ダイエット中や美容を意識する女性は、美肌や老化防止の効果もあります。主にピーナッツの中に含まれて居ます。
  • ビタミンK
    ビタミンKは、血液を凝固させて止める作用をする物質です。美肌ケアの面では、クマやたるみ防止をしてくれる要素を持ち、赤ら顔も解消してくれます。
  • ビタミンE
    ビタミンEは、若返り・アンチエイジングに効果があり、シミの原因にもなる過酸化脂質の生成を抑える働きが有ります。美肌ケアの方法として、ビタミンEを含む食材を食べるのが効果的です。
  • ビタミンD
    ビタミンDは骨の形成強化を促進します。食品から摂らなくても紫外線に当たると皮膚で合成されますが、日光に当たらないと合成されないので、適度に太陽に肌を当てる事が美肌ケアにとっても良いのです。
  • ビタミンC
    ビタミンCは、レモンが有名ですが、シミ、そばかすの美容の為の予防や風邪の予防にも貢献するビタミンです。抗コレステロールの効果もあり、脳卒中や動脈硬化などの成人病予防にも有効です。
  • ビタミンB12
    ビタミンB12は、赤血球を合成、生産し悪性貧血を予防する強い味方です。女性には最も重要な成分の一つですが、このビタミンは動物性の食品にしか含まれておらず不足しがちです。ですので、サプリメントなどで摂取する努力が必要です。
  • ビタミンB2
    ビタミンB2はメタボ対策にも有効で肥満の予防に役立ちます。また、この成分が不足すると、唇や肌が荒れやすく、口紅をつける女性はビタミンB2が不足しないよう気をつけましょう。
  • ビタミンB1
    ビタミンB1は神経や筋肉の働きを活発にさせる機能があります。ダイエット中の人で不足になりやすい成分で、不足すると、ストレスが溜まりやすくなり精神的にイライラします。
  • ビタミンA
    美肌ケアの必須栄養素として、ビタミンAがあります。ベータカロチンとも言いますが、お肌の美容の基底細胞分裂を特に活発化させ、肌のきめを揃え、ニキビ予防にも役立ちます。
  • ビタミンB6
    ビタミンB6は、髪、皮膚や歯を健康にしたり成長促進させる効果があります。鶏の胸肉や豚のもも肉などの食材に多く含まれ、減量をしようと思う女性にも脂肪分が少ないので、摂取しやすいです。