美肌になる食べ物

サイトマップ

プロフィール

キーワード

美容師の仕事をしている40歳の女性です。

仕事柄、美容や美肌になるための方法をお客様から聞かれる機会も多く、色んな基礎化粧品を試したりしています。

10年以上試行錯誤して、行き着いた私オススメの美肌基礎化粧品が、この 花王 エスト(est) でした^^

花王エスト

花王エストの乳液や化粧水の基礎化粧品が気に入り数年来使っています。肌の感覚が滑らかな手触りになるのが特徴で、以前に肌年齢を調べて貰ったところ・・・

なんと!
『実年齢よりも5歳も若い』とまで言われてしまいました♪
本当にエスト様様です(*^^*)

最近、美容院のお客さんから「ラブラボの美肌一族」というアニメのことを教えてもらいました。

美肌紗羅と祐天寺咲の双子が繰り広げる純愛コスメティックラブストーリーなんだとか。

贅沢シートマスクや白樺の湯という入浴剤、黒薔薇仮面マスカラなど個性的な商品も一緒に販売され、シートマスクは1日で売り切れになるほど人気なんだとか。

今は、こんな個性的な商品が売れているんですねぇ(^^;

ナイアシン

ナイアシンは血行の改善に効果がある成分で、冷え性の症状を持つ方は進んで摂取すべきです。また、ダイエット中や美容を意識する女性は、美肌や老化防止の効果もあります。主にピーナッツの中に含まれて居ます。
>>ナイアシンの全文を読む

ビタミンK

ビタミンKは、血液を凝固させて止める作用をする物質です。美肌ケアの面では、クマやたるみ防止をしてくれる要素を持ち、赤ら顔も解消してくれます。
>>ビタミンKの全文を読む

ビタミンE

ビタミンEは、若返り・アンチエイジングに効果があり、シミの原因にもなる過酸化脂質の生成を抑える働きが有ります。美肌ケアの方法として、ビタミンEを含む食材を食べるのが効果的です。
>>ビタミンEの全文を読む

ビタミンD

ビタミンDは骨の形成強化を促進します。食品から摂らなくても紫外線に当たると皮膚で合成されますが、日光に当たらないと合成されないので、適度に太陽に肌を当てる事が美肌ケアにとっても良いのです。
>>ビタミンDの全文を読む

ビタミンC

ビタミンCは、レモンが有名ですが、シミ、そばかすの美容の為の予防や風邪の予防にも貢献するビタミンです。抗コレステロールの効果もあり、脳卒中や動脈硬化などの成人病予防にも有効です。
>>ビタミンCの全文を読む

ビタミンB12

ビタミンB12は、赤血球を合成、生産し悪性貧血を予防する強い味方です。女性には最も重要な成分の一つですが、このビタミンは動物性の食品にしか含まれておらず不足しがちです。ですので、サプリメントなどで摂取する努力が必要です。
>>ビタミンB12の全文を読む

ビタミンB2

ビタミンB2はメタボ対策にも有効で肥満の予防に役立ちます。また、この成分が不足すると、唇や肌が荒れやすく、口紅をつける女性はビタミンB2が不足しないよう気をつけましょう。
>>ビタミンB2の全文を読む

ビタミンB1

ビタミンB1は神経や筋肉の働きを活発にさせる機能があります。ダイエット中の人で不足になりやすい成分で、不足すると、ストレスが溜まりやすくなり精神的にイライラします。
>>ビタミンB1の全文を読む

ビタミンA

美肌ケアの必須栄養素として、ビタミンAがあります。ベータカロチンとも言いますが、お肌の美容の基底細胞分裂を特に活発化させ、肌のきめを揃え、ニキビ予防にも役立ちます。
>>ビタミンAの全文を読む

ビタミンB6

ビタミンB6は、髪、皮膚や歯を健康にしたり成長促進させる効果があります。鶏の胸肉や豚のもも肉などの食材に多く含まれ、減量をしようと思う女性にも脂肪分が少ないので、摂取しやすいです。
>>ビタミンB6の全文を読む